日常生活でちょっとした動きをした瞬間痛む膝・・・。膝に炎症・腫れが生じている場合は患部を安静にすることが重要です。

走る、階段昇降などの動作は膝への負担が強く痛みも悪化します。歩行時に膝に負担がかからないように、テーピング・サポーターを使うのも効果的です。また、患部が熱を持っていた場合には保冷剤などを使い冷やすのがおすすめです。

皮膚に直接当てると、凍傷になる恐れがありますので、保冷剤をタオルなどで包み患部を冷やすようにしましょう。しかしこれらは、応急処置ですので、痛みの根本的な解決は難しい場合もあります。

 

痛みの原因

軟骨の摩耗・下半身の筋力低下・代謝不足による血行不良などがあげられます。

◆軟骨の摩耗が原因だった場合、サプリメントの摂取も効果が期待できます。コンドロイチン・コラーゲン・グルコサミンなどを配合しているサプリメントを積極的に摂ることで、柔らかくな・滑らかな関節の育成に繋がります。

◆血行不良が原因の場合、ストレッチ・筋トレをするのがおススメです。血流に改善・筋力アップで膝の痛みの軽減に繋がりますが、あくまで痛みの出てない時に無理のない範囲で行いましょう。ストレッチは比較的非常に取り入れやすい対処法です。

 

応急処置をしても症状の改善しない場合には、早めに専門医に診てもらいましょう。炎症・腫れを伴う膝の痛みは、半月板損傷・関節リウマチなどの可能性もあります。膝の痛みは身体の歪みから起こる場合もあります。

骨盤矯正するのも症状改善に繋がります。

 

立川砂川整骨院では、骨盤矯正は勿論でうすが、電気治療などの施術も行っております。日常生活で気を付けていただきたい動作などアドバイスもさせて頂きます。痛みの原因も、施術前にしっかり問診させて頂きます。膝の痛みの改善はぜひ、立川砂川整骨院へご相談ください。