こんにちは。

間もなく8月も終わりますね・・・今年はもう学校が再開しているところが多いようですね。

暑い日が続き、身体に不調がある方は立川砂川整骨院へご相談くださいね。

 

本日は交通事故での後遺症のお話を書きたいと思います。

交通事故に遭遇した場合、一番後遺症がでやすい部位は・・・[頚]とされています。

何故なら、頚は重い頭部を支えている為、不意に衝撃が加わると最も弱点になる部位だからです。

頭部は胴体に比べると非常に細いです。その細い頚の中に、脳からの信号を全身に伝える重要な神経が詰まっています。

つまり衝撃を受けると様々な症状を引き起こす可能性があります。

交通事故で突然大きな衝撃が加わると、身体は大きく前後に揺さぶられ、頭部にかかるダメージは相当大きくなります。その衝撃で神経・骨に傷が付いてしまった場合、一生悩んでしまう深刻な後遺症になりかねません。

交通事故で最も怪我をしやすい箇所も頚になります。中でも多い怪我は、頭部の骨・筋肉・神経などが損傷するムチ打ち症です。ムチ打ちは頚という損傷しやすい部分に起こる怪我ですが、すぐに症状が出にくいという特徴もあります。交通事故に遭った直後は何もなくても、日常生活をおくっていても、時間が経つと痛みやしびれの症状に悩まされることもあります。頚だけでなく、脳に損傷が起きた場合にも後々症状が現れることもあります。しかし・・・ムチ打ちの場合神経損傷が生じている為、症状が現れるまでに時間が掛かることが多いとされています。

痛みやしびれなどの自覚症状があっても、検査時に異常が発見されないことも珍しくありません。このようなこともあり、後遺症認定で他の損傷と比べトラブルが起こりやすいとも言えます。トラブルを避けるためにも、交通事故に遭遇した時は必ず医師の診断を受けましょう。その場で判明しない場合でも、後日症状が出ても同じ医師に診察した際、交通事故による症状と判明できます。

症状が快方に向かわないからと、途中で中断してしまう方がいらっしゃいますが、すぐに完治するのは難しい場合が多いので、適切な通院を持続することも重要です!!一度通院を止めてしまうと症状が無くなったとされ、損害賠償請求が不可になってしまうので注意してください。

立川砂川整骨院では、交通事故の怪我治療も経験豊富なスタッフが施術させてもらいます。どこにいったらムチ打ちが治るの?と思って悩んでいる方、一度立川砂川整骨院へご相談ください。